美容

お酒が睡眠に良くない理由について

お酒の飲むと眠りが浅くなるというのはよく言われていることです。なんとなくお酒を飲むことで睡眠がよくとれるようなイメージを持たれがちですが、眠れているように見えてそれは浅い眠りを続けているに過ぎません。美容や健康に良い睡眠をとるためには快適な睡眠で無いといけませんが、お酒を飲むと快適な睡眠をとることができなくなります。なぜなのでしょうか。睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。レム睡眠は深い眠り、ノンレム睡眠は浅い眠りです。美容や健康に良い睡眠はこの二つを周期的に繰り返す睡眠なのですが、お酒を飲むとバランスが崩れます。寝始めはいいのですがしばらくするとノンレム睡眠になってしまい浅い眠りが続くようになります。浅い眠りが続いている状態では夜中にいつ起きるかわかりませんし、仮に朝まで寝ていることが出来たとしても疲れの取れない状態で起きてしまい、もう一度寝てしまうなんてこともあります。仕事があれば二度寝で疲れがとれるわけも無いため肌も体も休めていないボロボロの状態で生活を送らないといけないことになります。アルコールによってレム睡眠とノンレム睡眠のバランスが崩れてしまうことは体にとって非常に大きな問題になっていきます。寝酒でお酒を飲む習慣のある人はすぐにやめたほうがいいです。毎日その習慣を続けていたら肌が疲れてしまい美容の維持も難しくなります。体の疲れも蓄積されていきストレスにもつながっていくので気をつけましょう。調布 美容院