美容

お酒と糖質の関係について

お酒には糖分が多く含まれています。今では糖質ゼロを謳い文句にしているお酒も増えてきていますが、すべてのお酒が糖質ゼロというわけには行きませんし、糖質を含まないお酒ばかり飲んでいることも出来ません。お酒に含まれている糖質は通常食事で食べる糖質とはわけが違います。その理由としては肝臓がアルコールの分解で働いているからということが理由です。肝臓は体に吸収された糖分をグリコーゲンに変えて蓄える働きがあり、このグリコーゲンが血糖値のキープや脳のエネルギーとして使われたりしています。しかしお酒を飲んで肝臓が働いている状態ではグリコーゲンを肝臓に蓄えることが出来ません。グリコーゲンはお酒の分解でも消費され続けていき、もしも肝臓からなくなってしまったら脳の働きを支える栄養がなくなってしまい、脳は炭水化物の補給を命じるようになります。しかし肝臓がアルコールの分解をしている限り代謝の働きをすることが出来ませんので、摂取された炭水化物や糖質はグリコーゲンになることなく脂肪として蓄えられていくようになります。アルコールを飲むと糖質が脂肪に変換されやすくなり、しかも過剰に糖質を補給するように脳からの命令があることでどんどんと太っていってしまうということになるのです。これがアルコールを飲むと太るの原因となっています。アルコールを摂取している限り糖分が糖分としての働きをすることなく脂肪に変換されてしまうのでアルコールは太りやすくなってしまうのです。お酒と糖質の関係を理解してダイエットに役立ててみてください。美容院 井土ヶ谷駅 縮毛矯正 おすすめ 人気 口コミ 安い メンズ