美容

アイラインが逆に目を小さくしていた?ノーアイラインの女子が急増中のワケは?

アイラインと言えばアイメイクの基本中の基本として、いつも引いているという女子が多いでしょうが、最近は、あえて引かない女子も増えています。

アイラインは目元を大きく見せたい時に有効ですが、アイラインを使わなくてもシャドウだけで大きく見せることができたり、アイラインを引くときつく見えたりするなどの理由から、アイラインを使わずにナチュラルに仕上げる女子も出てきているのです。

どちらが正しいのかというのはありませんが、アイラインを引かないことでソフトな印象になる、好印象になるといった効果は、十分見込めるようです。

○アイラインを引かないメリットとは…

・アイラインをやめると元々の可愛い二重がくっきり出る(元々パッチリ二重の人は、アイラインで損していたかもしれませんね…)

・アイラインを引かないとふんわりと女性らしくなる
・アイラインを引かないと透明感が出てナチュラルな印象になって、男ウケが良くなる
・アイラインを引かなければ二重の幅がせまくならない→逆に目が大きく見える
・自然な目元に見えて好印象
・アイメイクがナチュラルなのに可愛く見えることでさらに好感度アップ

○元々目が小さい人は特にアイラインは損する?

目がひとえ、あるいは奥二重の人は、その目元のコンプレックスを埋めるためにもアイラインを使う人も多いでしょう。

アイラインを使えば憧れのパッチリした目元になれそうですものね。

しかし、実は反対だったのです。

アイラインを引くと、目元が引き締まって小さく見えてしまいます。アイラインではなくアイシャドウでふんわりとした線を引く方が、十分デカ目効果が狙えるのです。

「アイラインは目が引き締まってしまう」という事実に気付いていない女子が多いため、いまだにアイラインをしっかり書く女性も多いですが、自ら目を小さくしてしまっていたのですね…。

○終わりに…

これまでアイラインを当たり前のように使っていた女子にとって、急にアイラインをやめてしまうのは抵抗があるでしょうが、慣れてしまえば普通です。
まずはアイラインをアイシャドウで代用するところから始めてみましょう。

化粧水はスキンケアの基本中の基本ですよね。
洗顔後に毎回使っているという女子の方が多いでしょう。

しかし、中には化粧水を使わなくてもお肌の調子がいい人、あるいは化粧水を使用しない方が肌の調子がいい人などもいます。
化粧水が悪いわけではなく、お肌との相性もあるのでしょうが、化粧水抜きで肌質が改善するなんて、化粧水を使っているのがばかばかしくなってしまいますよね…。

○お肌に「必要最低限」がいい

お肌は化粧水や乳液をつけるだけでも負担がかかるといいます。
何かお肌に異物をつけるということ自体が、お肌にとって負担になることがあるのです。
また、「塗る」、「つける」という行為自体で摩擦が発生し、お肌に刺激を与えていることもあります。

特に敏感肌の人は刺激に弱いため、つける、塗るといった作業でもダメージを受けてお肌が反応してしまうことがあります。

それならば、いっそお肌に何も付けない方が摩擦も刺激も与えずに済むので、お肌に良いと言えるのです。

○化粧水を使わず馬油だけもおすすめ?

化粧水も何も顔につけないと乾燥する…といった方は、クリームだけを使ってスキンケアしている人もいるようです。

クリームに使うものとしては、馬油もおすすめです。
馬油は保湿効果だけではなく、お肌に良い効能ももたらしてくれます。

○ワセリンもおすすめ

ワセリンは刺激が少なく、幅広い世代の人が使える保湿クリームです。
保湿力が高く、つけた翌日までお肌がしっとり潤います。

平井 スタイリスト 求人 社会保険