美容

カラーの染まり具合に対するクレーム

美容室において取り返しのつかないメニューと言えばカットの他にもカラーやパーマがあります。もちろん染め直しやパーマのかけ直し、というのは出来なくは有りませんが、一度行うだけでもかなりお客さんの髪の毛に負担をかけるメニューになりますから、短い期間で何度もやり直す事は別のトラブルを引き起こす可能性があり、美容師としてはやりたくない事でもあるはずなんですね。その中でもカラーに対するクレームと言うのはクレームとまではいかなくても、お客さんが満足しなかった、という事は良くある話ですよね。カラーと言うのはどんな薬剤を使ったら、どんな発色をするか、という事は一様ではないんですね。お客さんの元々の髪色、お客さんがこれまでにどんなカラーをして来たかという履歴、または美容師のさじ加減によってもその発色が変わってくると言われていますから、極端に言ってしまえば終わるまでどんな髪色になるかは解らない、という部分もあるわけです。美容院なヘアサロンを渋谷でカラーとトリートメントがおすすめのクーポンもちろん美容師はできるだけお客さんの要望通りの色にしよう、と思っているはずです。ですが美容師が予測もしなかった結果になることも起こってしまうのも現状の様です。そういう事もある、とお客さんには説明するはずですが、それでもお客さんのイメージとかけ離れていた場合には、お客さんが文句を言うケースもよくあるようですね。カラーと同じくパーマに関してもそのかかり具合に対してクレームが入ることがあるでしょう。パーマもカラーと同様にその仕上がりと言うのはびようしでも「確実にこうなります」とは言えないメニューだと言えるでしょう。どの薬剤を使うか、どれぐらい放置するか、といったさじ加減は美容師でも難しいところですし、それにプラスしてお客さんの髪質やこれまでのパーマに関する履歴なども仕上がりに影響を及ぼすものです。そのあたりまできちんとカウンセリングをしたとしても、「だから今回どうするか」という判断が上手くできる美容師と言うのは少ないかもしれません。ただパーマと言うのはかなり髪の毛に負担を与えるメニューでもありますから、美容師も本来ならば慎重になるべきなんですね。かかり過ぎというのはお客さんの髪の毛にとってはダメージにつながるからです。ですが逆に弱めにかけてしまっても「すぐに落ちてしまった」というクレームにつながります。特に初めてパーマをかける人、もともととても健康的な直毛の髪質である人はかかりにくい可能性が大きいものです。美容師によっては確実に「かかりにくい」と判断できるお客さんに対しては無料のお直しをする事を前提にパーマをすることもあるようです。