美容

ターンオーバーは早くならないように気を付けよう

ターンオーバーの乱れは、本来の周期に対して早くなったり遅くなったりすることが原因で起こります。20代の健康的な肌は28日で生まれ変わりを繰り返すといわれていますが、これが早くなったり遅くなったりすると肌は様々な問題を抱えることになります。特に気を付けないといけないのはターンオーバーが早くなることです。ターンオーバーが早くなるとどんなことが起きるのでしょうか。表皮の基底層で作られた細胞は時間をかけて有棘層、顆粒層、角質層と上がってきます。角質層にたどり着いた細胞はその過程で細胞間脂質や保湿因子、分解酵素などを作り肌を守るバリアとしての機能を十分に果たせるようになります。しかしターンオーバーが早くなると角質にたどり着いた細胞はその機能を十分に果たすことができない状態となっています。未熟な細胞はバリアとしての機能を果たせないために、外部からの刺激やウィルスに対する抵抗力を失い、保湿力の低下から乾燥しやすくなるといった問題を抱えてしまいます。また角質は一定の周期で自然とはがれるようになっていますが、この時に角質を分解する酵素も十分に含まれていないために古い角質がとどまってしまいます。こうなると今度はターンオーバーが遅れることになってしまい、肌の老化にもつながってしまいます。ターンオーバーが早くなるとその結果ターンオーバーが遅れてしまうことにもつながってしまうのです。ターンオーバーの乱れは早くならないように気を付けることから始めていきましょう。ターンオーバーの乱れの多くはターンオーバーが早くなった状態のことです。ターンオーバーが早くなってしまうのは、それだけ多くの原因が考えられるからなのです。特に大きな問題となるのは普段行っているスキンケアです。間違ったスキンケアを行っているとターンオーバーは早くなりやすく、その結果多くの肌トラブルを引き起こしてしまいます。スキンケアで注意しないといけないことは、肌を擦ってしまうこと、洗浄力の高いものを使ってしまうこと、洗顔の時に熱いお湯で洗ってしまうことがあります。ターンオーバーは自然のサイクルで流れていくことが大事になりますが、肌を擦ったり、洗いすぎてしまうと角質細胞が落ちてしまい、失われた細胞を補うために肌は急いで新しい細胞を作らないといけなくなってしまいます。この状態が続いていくとターンオーバーは早くなってしまい肌トラブルへとつながっていきます。具体的に注意したいことを挙げてみましょう。1日に何回も洗顔をする、洗顔の時に力を込めてゴシゴシ洗う、頻繁にピーリングを行う、様々な化粧品を使ってスキンケアを行う、熱いお湯や洗浄力の高い洗剤で肌を洗う、といったことがあります。ターンオーバーは早くなってしまうとそれが原因となって遅くなってしまうこともあります。ターンオーバーの乱れは早くなることから始まるケースが多いため、ターンオーバーを早めてしまうような習慣は改善していくように注意してみてください。平井 パート スタイリスト 求人