美容

マスクをつけて寝れば唇の乾燥も防げる

唇の潤いを保つためには寝るときにマスクをして寝るという方法がお勧めです。唇はとても乾燥しやすく、寝ている間に呼吸をしていると特に唇は乾燥しやすくなります。でもマスクをして寝れば自分の呼吸で潤いを保ち続けることができますし、必要以上に空気に触れて乾燥してしまうことを防ぐことができるのです。じつはマスクをして寝るということは唇だけでなく喉のためにもなります。乾燥した季節になると寝ている間に喉を痛めてしまうことがありますが、これは細菌やウィルスによる影響があります。冬になると風邪をひきやすくなりますが、マスクをして寝ることで風邪もひきにくくなります。風邪のウィルスはとても小さく、マスクで防ぐことは出来ませんが、乾燥を防ぎ常に保湿できている状態が保たれますのでウィルスの活動を抑えることができるのです。マスクと言うのは風邪のウィルスの侵入を防ぐこと以上に保湿効果によってウィルスを撃退できるということが大きなメリットになっているわけです。普段から唇の乾燥に悩まされている人や、喉の乾燥に悩まされやすく風邪をひきやすいと言う人は、寝るときにマスクをして寝るようにすると唇や喉を守ることができます。マスクは別に特別な物を用意する必要はなく、普通に市販されているマスクで十分に保湿することが出来ます。口周りの血行が良くなれば肌全体の美容にも良くなり、たるみやシワ対策としても効果を発揮してくれますのでマスクをつけて寝る習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。柏 ネイル