美容

地下深層水

地下深層水を使っている、という美容室がありますが、地下深層水、というのは単なる地下水とは違うのでしょうか。漢字をみればなんとなくわかると思うのですが、地下水は地下水でもかなり深い所から湧き出た地下水、と言う事になるのでしょうか。実は雨水が地下にしみこんで溜まって、下流で湧き出てくる地下水と言うものには、実は深さによって水の質が違う様なんですね。単純に考えても地表に近い所を流れて下流に流れ着いた水と言うのは、地表の影響を受けやすくなっています。それにくらべてかなり奥深くまで浸透した地下水は、深い所を長い年月をかけて下流まで流れ着く間に、ほとんど地表の影響を受けることなく、純度を増して流れてくる、と言われていて、「伏流水」とも言われています。純度が近い、というのは具体的には分子がかなり細かくなっている水、と言う事になるのだそうです。ですから地下水ではなく地下深層水、というのはかなり純度の高い水を使っている、と言う事になるんでしょうね。地下深層水をアピールしている美容室では、よくどこの地下水なのか、と言う事もアピールポイントにしているようですね。なんとなく具体的な山や川の名前を言われると、とても良い水のように感じてしまいますよね。薬剤でアレルギー反応を一度起こしてしまうと、その体質は美容師を辞めない限り治すことができない、と言っても良いかもしれません。ですから美容師として働き始める最初の美容室、というのはそういう点でもとても大切になります。自分のアレルギー体質にたいして不安がある人は勿論、自分はアレルギーとは無縁、と思っている人も、その美容室が使っている薬剤に関しては慎重に検討した方が良いです。お客さんならば、一度不安を感じたら二度とその店に来なければよい話ですが、自分が働く場所となるとそうはいきません。毎日毎日自分の身体が拒否反応を起こしているものを触れたり吸ったりしなくてはいけない日々が続くのです。それは本当に健康にとっては良くない事です。ですから出来るだけ体に負担の少ない薬剤を使っているお店を選ぶ、と言う事は大袈裟に言えばその後の美容師人生を左右する問題である、と言えるでしょう。もちろん美容専門学校時代に、既に自分に合う薬剤、そうでは無い薬剤、という物を知ることができるかもしれませんが、そこで問題の無かった人でも、実際に働き始めてからアレルギーに悩まされるようになった、という人も多くいます。一日でも長く健康的な美容師生活を送るためには、アレルギー問題と向き合う事はとても大切です。清澄白河 美容院