未分類

日焼け止めの選び方

最近ではドラッグストアなどでも紫外線カット商品がたくさん出てきていますが、買うときになって何が違うのかと悩んだのでちょっと調べてみることにしました。UVカット商品と一口にいっても2種類の成分があり、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤と言われるものが主になっています。紫外線吸収剤はエネルギーを取りこんで吸収、熱などのエネルギーに変えて皮膚の細胞に浸透させないようにする成分です。紫外線散乱剤は紫外線を肌表面で散乱したり、反射させて紫外線を予防出来る成分です。白色顔料として使われることもあるそうで、ファンデーションやおしろいなどにも使われているみたいですね。また、よく日焼け止めに書かれているSPFやPA+などの表示も気になったので調べました。SPFはSunProtectionFacterの略、PAとはProtection Grade of UVAの略で防げる紫外線の種類が違うのだそうです。SPFは紫外線B波と呼ばれるもの、PAは紫外線A波と呼ばれる紫外線を防ぐ成分です。どちらも入っているものが主流なのでどちらの表示も見たことがある人が多いのではないでしょうか?SPFは数字の小さいものは効果的に効いている時間は短いが、その分肌の負担が少ないということになるみたいです。なのでどのくらいの数字がいいのかは自分が外に出ている時間を計算してみるといいみたいですね。目安はSPF20であれば20分をかけるだけ。SPF20×20分で400分になります。最近は紫外線が肌の老化を進めるとか、がんの原因になるとかといろいろと取りざたされていますね。男性はあまり聞かないかもしれませんが、女性は夏になってくると日焼け止めのCMなどで紫外線という言葉をよく聞くようになるかと思います。その紫外線、わたしたちの体にとって全くいいことがありません。日光にあたるのはいいことだけど、日光にあたると日光の中の紫外線にもあたるということになるのでとにかく紫外線を防ぐということを考えた方がいいですね。最近では100円均一でも腕カバーや首カバーなどの日焼け防止グッズが売られています。100円でもUVカット加工されているものまでありますので便利な時代になりましたよね。そして、それらのグッズのほかにも帽子や日傘など頭皮や髪の毛なども紫外線はよくないので防ぐものがあるといいですね。一番重要なのは肌です。日焼け止めもしっかり塗った上でやはり上記のUVカットグッズを使った方がしっかりと防げますね。また、日焼け止めに書いてあるSPFやPA+などの表示もしっかり見て購入するのがよさそうです。ただSPFが50だからと数値が高ければその分防いでくれる時間は長くなりますが、肌への負担も大きくなるんです。SPFは紫外線A、PA+は紫外線Bを防ぐ成分です。どちらも数字や+の数が多いほどその効果は大きくなります。どちらも配合されているのが今の日焼け止めでは一般的かと思うのでその中でも自分の生活に合ったものを選ぶといいですね。立川 美容院