美容

混合肌は臨機応変にケアしていくこと

混合肌は一見すると見分けがつきにくく、スキンケアも複雑なように思えます。場所によって油分が多かったり少なかったりするので、部分ごとのケアを心がけていくことが大事になります。でも基本的には乾燥肌だと考えてケアを行っていったほうがうまくいきます。混合肌による油分の変化は主にTゾーンが皮脂量が多く、Uゾーンが皮脂量が少ないという傾向にあります。通常の肌でも差に違いは合ってもTゾーンほど皮脂の量が多くなります。洗顔の時にはTゾーンをしっかりと洗い、Uゾーンは泡だけの洗顔で擦ったりはしないようにします。保湿を行うときに脂性肌と同じように行ってしまうと乾燥部分の肌が不十分になります。逆に乾燥部分に合わせて保湿してしまうと皮脂の多い部分がニキビや黒ずみに悩まされてしまいます。保湿を行うときには部分ごとに保湿のやり方を替える必要があります。混合肌の難しい所は臨機応変にスキンケアを対応させていかないといけないことです。クレンジングも洗顔も化粧水も保湿も全部肌のドライ部分とオイリー部分を使い分けてケアしていくようにしてみてください。混合肌は特別な状況で作られるように思いがちですが、むしろ何気ない生活習慣によって作られています。普段からアルコールの摂取量が多い人、喫煙者、ストレスの蓄積で今後肌に悩まされるようになります。混合肌になってしまった人は自分の生活習慣の中で改善出来る方法が無いかを調べていくようにすると混合肌の悩みを改善できるようになりますよ。柏 美容院