美容

紫外線で日焼けしたらすぐ寝てしまおう

紫外線を浴びて日焼けをした場合、対処が遅れると跡が残ってしまう可能性もあります。日焼けを早く治すためには何をするといいのでしょうか。まず日焼けをしたなら冷やしてあげる必要があります。冷やしたら次は保湿を行いましょう。化粧水を使った時には傷みを感じる可能性もあります。刺激の強くない化粧水を使って保湿を行ってみましょう。そして水分の補給をしてあげます。体の内側にも水分を与えてあげると日焼けの治りも早くなります。そして一番大事なことはよく寝るということです。肌は寝ている間に新陳代謝が行われて肌も新しく生まれ変わっています。日焼けした肌は新陳代謝で新しい肌に生まれ変わらせてしまうことで治すことが出来ます。日焼けによってシミが出来た場合も新陳代謝で肌を生まれ変わらせることが効果的です。ただ寝るだけでは効果がありません。ターンオーバーが正常に行われるようにするために深い眠りに付くことが大事になります。夜更かしをしていたり、夜遅くまでテレビを見ていたりすると肌が上手に生まれ変わってくれません。ゆっくりと休める環境を整えてあげてください。紫外線を浴びることで弱くなるのは肌表面だけではありません。体が受けたダメージを回復させるためにも早めに布団に入って体を休めてあげるようにしてあげましょう。早めに休ませればそれだけ肌の回復も早くなって炎症も治りますし、シミも消えやすくなっていきます。強い紫外線を浴びた時にはケアしてさっさと寝てしまうことが一番のケア方法です。宇都宮 美容院