美容

美容室に行くのが当たり前ではない

今お客さんたちが髪を切る事に関して困っている事といったらどういう事でしょうか?極端に言うと「美容室に行きたくない」と思っている人も多くいるものです。行きたくない理由はさまざまですが、中には本当に出かける事が困難で、行きたくてもいかれない、という状況の人もいます。そういった人たちのニーズにこたえることができる方法を言ったら、と言う事でしょう?ここで考えるべきは「髪を切るためには美容室に行かなくてはいけない」という当たり前の考え方を取り払う事です。自らが出向かなくても良い美容室、つまり「美容師に来てもらう」という考え方も一つのアイディアではないでしょうか。実際に障がい者や高齢者向けの出張美容師というのは存在し、とても必要とされているという現状があります。そうなると、「家に来てくれる美容師」という存在が普通に逢っても良いのではないでしょうか?もちろんこの方法がビジネスとして成功するかどうかは未知数です。飛びつくにはまだまだ危険な部分が多くあるでしょう。ですが発想としては面白いと思うのです。こう言う今当たり前と思っている事をひっくり返して考える事で、人がやらない美容室、人がならない美容師になることができ、結果的に成功を収めることができるかもしれません。美容室のお客さんたちにとっては、担当美容師に異性の美容師を指名する事は、異性と二人きりで話が出来るチャンスでもあります。勿論美容師とお客さんと言う関係ですから、何がある訳でもありませんが、考えても見たら、普段の生活の中で、恋人や夫婦以外の異性と何時間も話をするチャンスって、めったにないと思いませんか?そう考えると美容室でのその時間は異性について知る良い機会である、とも考えられますね。しかも美容師とお客さんの関係ですから、解消しようと思えばいつでも解消できる関係でもあります。つまり後腐れのない関係なわけです。恋についての悩み事、どうやったらモテるようになるのか、と言った普段は異性に面と向かって聞く事の出来ないような話題でも、美容師さんとならすることができるのではないでしょうか。またそういう事を美容師さんの方も望んでいるのではないか、と思われます。そうやってお客さんと話をする事で、自分の異性に対する見識を深めることができますし、違うお客さんと話をする時の参考になるかもしれません。またお客さんにとっては異性からの客観的な意見を聞く、めったにないチャンスだ、と言う事になります。そう考えると、数か月に一度異性の美容師さんとの時間を過ごすのは楽しそうだ、と感じますね。ネイル ネイルサロン  東花園 ジェル フレンチ 人気 オフ込