美容

美肌の分かれ道はハリがあるかないかで決まる?赤ちゃんのような弾力を目指すスキンケアが有効

赤ちゃんのお肌のように、もっちりして弾力ある肌でいたい…!
しかし、年齢が進むにつれ、どんどん赤ちゃんの肌から遠ざかっていくのが人間というものです。

女性は20代の頃は、スキンケアをさほど頑張っていなくても、ハリがあってピンとお肌が張っていたという方も多いでしょう。

しかし、30代になると急降下。
だんだんハリが感じられなくなってきた…という女性はきっと多いはず。
美肌かそうでないかは、肌のハリをみればわかります。

触ると弾力のある肌は、若々しく、顔立ち関係なく「美しい!」と感じてしまいますよね。
今の時代、顔立ちが綺麗な人よりも、肌が綺麗な人の方が美人に見られます。
美肌を維持していくということは、お肌の弾力を維持していくいことでもあるのです。

○気付かないところでハリは失われている…

ハリがなくなっていくのは老化現象の一つなので、仕方ない部分もあります。
しかし、生活習慣や私たちの注意不足によって、ハリ不足になっている恐れも十分あります。

自分では意識していないところで、どんどんハリが奪われていると考えたら、とても怖くなりませんか?

その一つが、紫外線です。
最近は、紫外線のリスクを認知する人が増えているため、さすがに陽が出ている時にスッピンで外に出る女性は少ないでしょうが、

光老化によって、ハリが失われていくのは事実です。
外出前にお肌にUVケアして出て行っても、一日中外でアウトドアする場合などは、朝にUVケアしただけでは不十分です。3時間ごとに塗りなおすなど、こまめなケアも必要。
長時間外にいる場合には、いつもより念入りに紫外線対策する必要があるのです!

美肌になる鍵には、「ターンオーバー」が挙げられます。
美肌の人は、ターンオーバーが正常に整っているため、肌トラブルも少なく、キメの細かい綺麗な肌でいられるのだと考えられます。

肌美人かそうでないかは、いかにターンオーバーが正常化そうでないかに違いがあったのですね。

年齢を重ねても年齢不詳に見えるような美魔女を目指していくためにも、ターンオーバーをしっかり整えていきましょう。
といっても、どのように整えていけばいいかわからないあなた。

ここでは、ターンオーバーを正常にするために欠かせない習慣をご紹介していきます。

○お肌を乾燥させない

紫外線や冷え、刺激もターンオーバーを乱してしまう原因となってしまいます。

しかし意外と知られていないのが、「乾燥」もターンオーバーを乱してしまう原因になるということです。
お肌が乾燥しているということは、角質層の水分が少なくなった状態です。これは、簡単にいつお、お肌の内部の湿度が下がっていることだとも言えます。

そのため、保湿のためだと思って化粧水をたくさん使っていても、お肌の内部が潤うわけではありません。

それではどうしたらいいのかというと、水分保持力を改善させてあげることです。
例えば、水分保持力を活性化させてくれる有効成分の中には、「ライスパワーNo.11エキス」というものがあります。

この成分をしっかりお肌に届けていくためにも、ぜひライスパワーNo.11エキスを使ってみてください。

○終わりに…

ターンオーバーを保つために、良質な「睡眠」も大事。
ストレスをためず、規則正しい生活を送ることによって、ターンオーバーも正常になってくるでしょう。

小岩 美容師 アルバイト 求人