美容

血液の流れをよくして赤ニキビ対策

ニキビはひどくなると赤ニキビとなり化膿した状態になることがあります。赤ニキビの改善は自力ど行うよりも皮膚科に行って相談してみたほうがいいです。自分でできることは赤ニキビを作らないようにすることです。赤ニキビが出来てしまう理由には血液の流れの悪さがあります。血液の流れが悪くなると肌には十分な栄養が届けられることがなくなります。肌には幾つもの常在菌がいて、その細菌が肌にとっていい環境を常に作り出していますが、血液の流れが悪くなるとその肌の状態も悪くなり悪玉菌が増えやすくなってしまいます。赤ニキビを作りだしてしまう細菌はアクネ菌です。アクネ菌は悪玉菌ではないのですが、皮脂を好みニキビを作りだしてしまいます。アクネ菌の好む場所は酸素がなくて密閉されている皮脂の沢山ある所です。この条件に当てはまってしまうのがニキビのできる毛穴です。毛穴がふさがり皮脂が外に出て行けず空気にも殆ど触れない場所が出来アクネ菌に取って最高の繁殖場所なのです。アクネ菌の繁殖で化膿状態になり赤ニキビに発展してしまうわけです。赤ニキビを作らないようにするためには肌の環境を良くするために血液の流れを快適にするようにします。粘土の高い状態では血液の流れが悪くなりますので水分をしっかりと摂りサラサラ血液にします。肌から老廃物を取り除き抵抗力と免疫力をtけてあげてください。これで余計な細菌が増えることも増殖することもなくなり、ニキビ対策につながるはずです。高田馬場 美容院