美容

雨の日は肌に負担をかけないようにケアして過ごす

雨が降って少し気温が下がったくらいの日は美容のために使ってみるといいかもしれません。湿気が多く、汗をかきにくことから肌が乾燥しにくくなり乾燥肌の人も肌の調子がよくなり過ごしやすくなります。乾燥肌にとって一番辛いのは乾燥していることです。冬になると気温が下がり湿度が低くなりますので乾燥肌の人にとってはかなりつらい季節になるでしょう。でも梅雨の季節、雨が降ると気温も比較的過ごしやすくなり冷房を使わずとも快適に過ごせる人が多くなります。湿度も十分にあるため乾燥による肌のトラブルも出にくくなります。普段とは湿度が違った過ごし方になるため、スキンケアも少し変えて肌に優しい生活を心掛けてみるといいでしょう。乾燥しにくい環境ということで保湿のし過ぎに気を付けないといけません。保湿のために美容液や乳液などを使いすぎてしまうと、返って乾燥肌を悪化させてしまう可能性があります。また夏の雨と冬の雨でも状況は違います。夏の方が湿度が高くなりますし、冬は湿度が低くなります。夏の日の雨と同じような感覚でスキンケアをすると乾燥対策が不十分になってしまう可能性があります。気温と湿度の関係性を理解したうえで快適に過ごすことの出来るスキンケアを行なっていきましょう。夏は雨の次の日は気温が高くなる可能性があります。そんな時には汗を良くかくことになるので汗をこまめに拭いて肌の乾燥を招かないように気を付けてください。雨の日は快適に過ごせる反面晴れた日のケアはしっかりと行なうようにすることです。自分を綺麗に見せるためにはメイクやファッションにこだわる必要があります。それと同じくらいこだわりたいのが匂いです。普段から香水を使っている人はある程度使い慣れているかもしれませんが、余り香水を使わないといった人は香水の使い方を良く調べて自分の魅力を引き出してみてはいかがでしょうか。香水はただ体に振りかければいいという物ではありません。基本となる使い方について説明します。まず香水は使っていると匂いに慣れてきてしまい自分では香水の香りを纏っているのか分からなくなってしまいます。使慣れてきている人ほど分からなくなるので、匂いが弱いからと言って使いすぎないように注意してください。香水を使って出かける時には外出30分ほど前に使います。付けた瞬間は匂いが強くなりますが、30分ほどすればちょうどいい匂いに変わり、周りに不快感を与える心配もありません。香水を使う時に手首に付けて擦るという人がいます。香水は擦ってはいけません。香りの持続性が無くなり香水本来の香りも弱くなってしまいます。香水を使う場所は動脈の走る場所がいいと言われていますが、上半身につけると匂いが強くなる可能性があります。優しく香らせるためには下半身に使った方がいいでしょう。太ももの内側、膝の裏側、足首の内側等です。洋服に使う場合には生地を傷めてしまう可能性もありますので香水を使っても大丈夫かどうかを調べてから使うようにするといいですよ。正しい香水の使い方をマスターして香り美人になりましょう。藤沢 美容院