未分類

UV-Aを防ぐには。

日焼けを起こす紫外線は地上まで届くもので基本的には紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)の2種類に分類されます。その2つの紫外線の1つ紫外線A波(UV-A)は皮膚の中にある真皮にまで到達すると言われています。真皮の中にはコラーゲンやエラスチン線維などの肌のハリなどを保つための線維芽細胞があるのですが、それが紫外線A波(UV-A)によって破壊されて、肌の老化を引き起こすことが知られています。しかも紫外線A波(UV-A)は1年中降り注ぎ、ガラスなどでは遮ることはできません。この紫外線A波(UV-A)を防ぐには日焼け止めなどに書いてあるPAが重要になってきます。PAとはProtection Grade of UVAの略で、日焼け止めにはPA+やPA++、PA+++、PA++++などの表示がしてあるかと思います。+の数が多いほど紫外線A波(UV-A)を防ぐ効果が高いことになります。ですが、日焼け止めもやはり肌に負担をかけることになるので日焼け止めだけでなく物理的な日焼けを防ぐ方法も重要になってきます。なので、日焼け止めだけではなくUV帽子加工のしてある日傘や帽子なども活用した方がより効果的になると思います。ちなみにSPFはSunProtectionFacterの略で、紫外線B波(UV-B)を防ぐ効果があります。こちらも数字が大きければ大きいほど効果は高いですが、肌に対しての負担も大きくなるようなので、やはり物理的に防ぐのも併用したほうがよさそうです。紫外線は紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)、紫外線C波(UV-C)の3種類に分類されます。ただし、紫外線C波(UV-C)はオゾン層で吸収されるのでわたしたちのいる地表にまでは届かないといわれています。残る紫外線A波(UV-A)は朝日が昇ってから日が落ちるまで1日中降り注いでいる紫外線で、肌の内部まで届くので肌のシミ、シワ、タルミなどを引き起こすという紫外線です。これは日焼け止めによく書かれているPA+という表示のもので防げます。+が多いほど防ぐ力が強くなるみたいです。そして、紫外線B波(UV-B)は紫外線全体の5%ほどにしか満たない量しかないようですがエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こし、皮膚ガンやシミの原因になるようです。この紫外線B波(UV-B)は日焼け止めに書かれているSPFという成分で防ぐことができます。SPFはSunProtectionFacterの略で、数字が大きい(最大で50)方が防ぐ力が大きくなります。SPFはその数字に20分をかけると日焼けを防ぐ時間を計算することができます。SPF10だと10×20分で200分。約3時間半くらい効果があります。ただし、厚めに塗らないとあまり効果がありません。また汗などで流れおちても効果が薄れるので時間時間で塗りなおす必要があります。また、最近は帽子や日傘などもかわいいものなども増えているのでそういったものを使うのも紫外線を防ぐ1つに使うといいみたいです。カット 蒲田

ミルボン
http://www.milbon.co.jp/